by rico     [edit]
あ、そうそう、もう一個今日思いつきました、グラホのメリット。

グラホの仕事は「何時から何時」って先にスケジュールありきの仕事なんですよね〜。

その時間はこの場所でこの仕事をしてくださいっていう。

実はこの勤務形態、いま思い出すと非常に私向きでした。

時間がきたら仕事に集中して、飛行機が飛んでっちゃったら、仕事は終わり(変なトラブルに巻き込まれなければ)、だれが何と言おうと、もうやることないですから・・・

遅延したときは、『公認で』きっちりその分の残業もつけれましたし。


グラホをしてたとき、一般企業に就職した大学時代の友達が

「ウチって有給は取りやすいから旅行にも行きやすいんだけど、帰ってくると仕事が山のようにたまっててさー」

というセリフをよく吐いていました。

しかし、グラホをしていた私にはその「仕事がたまる」という感覚がどーも分かりませんでした。

(今は分かります、完璧に・・・)


自分が休みで不在であるということは、

・自分の代わりに他の人が1人入ってやる  若しくは
・特定の人ではなく、他の皆でカバーしてエキストラワークをちょっとずつやってもらう  と、いう展開になります。


とにかくその時間が過ぎて飛行機が飛んでゆけば、本来は私の担当ワークであっても当然消えてしまいますから、休暇から帰ってきて「仕事が山になってる」という悲劇を味わう必要がないのです。

(お休みを他の人に代わってもらったときは代わりに入る日が増えますが、残った仕事を抱えつつ、通常シフトをこなすということはありません。←できません。)

そして、こういう類の仕事って、誰から見てもon-offが非常に分かりやすい。


退社の時間がくれば(シフトが終われば)、堂々とスッキリした気持で退社することができました。
仕事とプライベートの気持の切替も楽。(人間関係のお悩み問題を除けば・・・)

これは精神衛生上非常に良かったです。。。

今私はいわゆるオフィスで働いています。
OLってヤツね。

デスクワークって終わりが無いんです。やることなんて幾らでもある。
それを切り上げるタイミングを見つけ、周りの目を気にしない勇気(笑をもって退社するのは非常につかれます。

申請するのかしないのか不明なダラダラ残業を装いつつ互いをけん制する光景は、比較的自由な私の会社にもあるんですよ。

こういうの、多かれ少なかれどこの会社にもあるのではないでしょうか?
どうです?>OLのみなさん。

私はコレが非常に苦手で、アホくさいと思いながらも毎度、「今席を立つべきか?」という思いにかられています。

あ、でも、そのかわり空港時代の退社に関連して、変な掟というか「なんじゃそら」っていうのを今思い出しました!

まあ、その話はまた今度。


osusume26.gif dia.gif 航空会社の年収・口コミが丸見え。
航空業界志願者が口コミ目当てで多数会員登録。
osusume.gif


PAGE TOP ↑